広報・ニュース

「皮膚に貼るだけ⁈」アルコールを超高感度に検出するセンサ開発

佐賀大学理工学部化学部門 冨永昌人先生、京都大学大学院農学研究科 白井理先生らとの共同研究(分担・協力者:チトラ デビ ラックマニア 大学院理工学研究科博士後期課程1年)にて、皮膚に貼るだけの超高感度なアルコールガスセンサを開発しました。皮膚からは、極微量の各種有機ガスが放出。特定の皮膚ガス検出センサには、特定ガスのみと反応すること、さらに超高感度であることが求められます。今回の共同研究ではアルコールと特異的に反応する酵素を用い、さらに酵素の反応を直接的に電気信号に変換できる高効率検出デバイスを開発。実際に手首にデバイスを貼り付けて、アルコール(15%日本酒、お猪口約一杯の22.3 mL)を飲酒したところ、手首から放出されるアルコールガスを検出、定量に成功。
詳しくは下記をご覧ください。

参照元:佐賀大学広報室
貼るだけ、皮膚からのアルコールを超高感度に検出

https://www.saga-u.ac.jp/koho/press/2022072526282

一覧へ